中級

エクセルの
マクロ(VBA)とは?

この記事は約4分で読むことができます。

2009-05-18 2018-05-11

  • キーワード
  • Excel
  • マクロ
  • VBA
  • 自動化

エクセルで耳にするマクロって何?作業を自動でやってくれるの?

マクロって何でしょうか?自動で色々やってくれるようだけど?どうしたら自動で作業してくれるのでしょうか?

1.マクロはエクセルが自動で働く

マクロは、あなたの行った作業をエクセルに登録(記録)することで、 同じ作業を何度でも作業(再生)させることが出来る機能です。

ファイルを開く/閉じる、シートの印刷や追加/削除、セルの移動/入力/削除、etc、 あなたがエクセルで行う作業のほぼ全てを記録し、再生させることが出来ます。

2.マクロの記録方法

マクロの記録をするには、以下の2種類の方法があります。どちらでも同じ内容が記録されます。

2-1.メニューから行う方法

  • [ツール]→[マクロ]→[新しいマクロの記録]をクリックします。
  • [マクロ名]と[保存先]を選択し[OK]をクリックすると記録が始まります。
  • 記録したい作業を行います。[記録終了]をクリックします。
  • 記録したい作業が終了したら、[記録終了]をクリックします。

2-2.ツールバーから行う方法

  • [表示]→[ツールバー]→[VisualBasic]をクリックしツールバーを表示させます。
  • 記録したい作業を行います。[記録終了]をクリックします。
  • 記録したい作業が終了したら、[記録終了]をクリックします。

3.マクロの再生方法

マクロを再生をするには、記録の方法と同じで以下の2種類の方法があります。どちらでも同じ内容が記録されます。

3-1.メニューから行う方法

  • [ツール]→[マクロ]→[マクロ]をクリックします。
  • 再生させたい[マクロ名]を選択し[実行]をクリックすると再生が始まります。

3-2.ツールバーから行う方法

  • [表示]→[ツールバー]→[VisualBasic]をクリックしツールバーを表示させます。
  • [マクロの実行]をクリックします。
  • 再生させたい[マクロ名]を選択し[実行]をクリックすると再生が始まります。

4.マクロの限界とVBA

マクロの記録と再生で、何度でも間違えずに自動で作業を行わせることができますが、これでは融通が全くききません。 条件によって作業を変えたり、繰返し何度も作業させるには、マクロの記録/再生だけでは不可能です。

マクロによって記録された内容はVBA(Visual Basic For Apprication)と呼ばれるプログラム言語です。 このVBAはエクセルに付属しているVBE(Visual Basic Editor)を利用することで自由に加工や編集ができます。

このVBAを習得することで、もっと複雑で大掛かりな処理を、自動実行させることが出来ます。

他のプログラム言語を習得するのと違い、VBAはマクロの記録でプログラムを自動作成してくれるので、 記録→プログラム参照を何度も繰り返せば、何とかプログラムを理解することが出来るようになります。

この記事は以上です。最後までご覧頂き、ありがとうございました。

シェア

\ Let's Share !! /

この記事が参考になったら共有して下さい。

同じカテゴリの記事