日付に曜日を自動入力して表示する方法

最終更新日:2017年10月2日

EXCELで曜日を自動入力して表示する方法(非関数)

エクセルで日付に曜日を自動で入力して表示させる方法がよく解らない人たちここに集まれ!

スポンサード リンク

日付に曜日を自動表示させる

エクセルで日付に曜日を自動で入力して表示させるには書式設定を使います。 日付が入ったセルの書式の設定で曜日を表示させることが出来ます。 曜日をかっこ付きにしたり、日付と同一セルに2013年1月1日(水)と表示させることも可能です。

エクセルで曜日を自動表示させる

手順1.連続した日付を入力する

まず連続した日付を入力します。こんな連続データを入力させる場合は、エクセルの「オートフィル」の機能を使うと便利で早くて間違えません。 オートフィルのやり方ですが、起点となる日付(年月日)を入力し

エクセルで曜日を自動表示させる

マウスをセルの右下に持って行くと十字ハンドルになるので、

エクセルで曜日を自動表示させる

マウスの左ボタンを押したまま、右にドラッグすると

エクセルで曜日を自動表示させる

連続した日付が自動で入力されます。今回の説明は横方向(左〜右)への自動入力ですが、縦方向(上〜下)でも同じく可能です。

エクセルで曜日を自動表示させる

ちなみに横方向でも右〜左、縦方向でも下〜上でもオートフィルの機能は利用可能です。 (数字の場合は、基準となる数を二つ入れておく必要があります。「0」「1」なら「2」「3」と1ずつ増えます。「0」「2」なら「4」「6と」2ずつ増えます)

オートフィル機能は「上下左右」どの方向でも利用可

このオートフィルはユーザー設定リストで決まった順番に自動入力されるのですが、自分でリストを設定することも可能です。 (ファイル>オプション詳細設定>ユーザー設定リストの編集でリストをカスタマイズ可能です。)

ユーザー設定リストの編集でリストをカスタマイズ

手順2.隣のセルにも日付を表示させる

隣に日付を表示させますが、単純にコピーして持ってきてもいいですし、後の変更や再利用を考慮すれば計算式を使って同一内容を表示させるのがいいでしょう。 ここでは計算式を使って隣のセル(今回は下のセル)にも日付を表示させます。

隣のA2セル(下のセル)に「=A1」と入力します。全て半角文字で入力して下さい。

エクセルで曜日を自動表示させる

A2セルにA1と同一内容が表示されます。

エクセルで曜日を自動表示させる

マウスをA2セルの右下に持って行くと十字ハンドルになるので、

エクセルで曜日を自動表示させる

ドラッグすると

エクセルで曜日を自動表示させる

連続値(日付)が自動入力されます。

エクセルで曜日を自動表示させる

手順3.セルの書籍設定で曜日を表示させる

曜日を表示したいセルを選択して

エクセルで曜日を自動表示させる

メニュー[書式]→[セル]とクリックすると(ショートカットキーは【Ctrl】+【1】)

エクセルで曜日を自動表示させる

「セルの書式設定」ダイヤログが表示されるので、[表示形式]タブの[ユーザー定義]を選んで、種類(T)の下のボックスに「aaa」と入力しOKボタンを押すと

エクセルで曜日を自動表示させる

曜日が表示されます。

エクセルで曜日を自動表示させる

手順4.他の表示方法に変えてみる

「セルの書式設定」ダイヤログ→[表示形式]タブ→[ユーザー定義]→種類(T)「aaaa」とすれば「日曜日」〜「土曜日」と表示できます。

エクセルで曜日を自動表示させる

「yyyy/m/d(aaa)」とすれば「2013/1/1(水)」と表示することも可能です。

エクセルで曜日を自動表示させる

「セルの書式設定」は大事

今回「セルの書式設定」を使って表示の仕方だけで曜日を表示させましたが、このセルの書式設定はとても大事なダイヤログボックスなので、使いこなせるようになりましょう。

様々な曜日の表示設定が可能

ちなみに、以下の設定で様々な表示をさせることができます。

設定 表示
aaa 日、月、火、水、木、金、土
(aaa) (日)、(月)、(火)、(水)、(木)、(金)、(土)
aaaa 日曜日、月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日
ddd Sun、Mon、Tue、Wed、Thu、Fri、Sat
dddd Sunday、Monday、Tuesday、Wednesday、Thursday、Friday、Saturday

サンプルファイル

曜日以外にも「年」「月」「日」それぞれ書式設定が可能です。

ユーザー設定リストの編集でリストをカスタマイズ

※この内容に関してのサンプルファイルをダウンロードする。

スポンサード リンク