【Excel】MODE関数-最も頻繁に出現する値(最頻値)を求める-


(約文字)

2019-09-06

  • Keyword
  • Excel
  • MODE関数
  • 最頻値

MODE関数とは

エクセルの「MODE関数(モード)」は最も頻繁に出現する値(最頻値)を返す関数です。

  • ・サポートセンターに電話をかけるの最も頻繁に出現する番号を検索する。
  • ・小学生が毎月もらっているおこずかいの金額の中で、一番多く出てくる金額を求める。
  • ・10人のテストの点数において最頻値を求める。

この様な場合に利用するのが「MODE関数」です。

構文と引数

  • 365
  • 2019
  • 2016
  • 2013
  • 2010
  • 2007

=MODE.SNGL(数値1,[数値2],...)

引数必要性内容
数値1必須モードの計算の対象となる最初の引数を指定します。
数値2[省略可]モードの計算の対象となる2~254個の引数を指定します。 また、半角のカンマ(,)で区切られた引数の代わりに、単一配列や配列への参照を指定できます。

MODE関数の解説

  • ・引数には、数値、数値配列、または数値を含む範囲を参照する名前かセル参照を指定します。
  • ・引数として指定した配列またはセル範囲に文字列、論理値、空白セルが含まれている場合、これらは無視されます。ただし、数値として 0 (ゼロ) を含むセルは計算の対象となります。
  • ・エラー値または数値に変換できない文字列を指定すると、エラーになります。
  • ・対象となるデータに重複する値が含まれていない場合、エラー値 #N/A が返されます。
出典:Microsoft - Office サポート

MODE関数のポイント

MODE 関数では、データの中心傾向 (統計的分布における数値グループの中心位置) が評価されます。中心傾向を表す最も一般的な指標として、次の 3 つが挙げられます。

平均

演算によって求める平均値です。グループの各数値を加算してそれらの数値の個数で割ることにより計算します。たとえば、2、3、3、5、7、および 10 の平均は、30 を 6 で割った商、つまり 5 です。

メジアン:中央値

数値のグループの中で中央に当たる数値です。メジアンより大きい数値と小さい数値の個数が半々になります。たとえば、2、3、3、5、7、および 10 のメジアンは 4 です。

モード:最頻値

数値のグループの中で、最も頻繁に出現する数値です。たとえば、2、3、3、5、7、および 10 のモードは 3 です。

数値のグループが対称分布の場合には、これら 3 つの中心傾向の測度の値は同じになります。数値のグループが非対称分布の場合には、値が異なることがあります。

出典:Microsoft - Office サポート

注意事項

重要: この関数は、より精度が高く、その使い方をより適切に表す名前を持つ、新しい 1 つ以上の関数で置き換えられました。この関数は下位互換性のために引き続き利用可能ですが、Excel の将来のバージョンでは利用できなくなる可能性があるため、今後は新しい関数を使用することを検討してください。

出典:Microsoft - Office サポート

より新しい「MODE.MULT関数」「MODE.SNGL関数」の利用を推奨します。

関連する関数

  • MODE.MULT関数:配列またはセル範囲として指定されたデータの中で、最も頻繁に出現する縦方向の値を求める
  • MODE.SNGL関数:配列またはセル範囲として指定されたデータの中で、最も頻繁に出現する値をを求める
  • AVERAGE関数:引数の平均(算術平均)を返します。 たとえば、範囲A1: A20に数字が含まれている場合、数式=average(A1:A20)はこれらの数値の平均値を返します。
  • MEDIAN関数:引数リストに含まれる数値のメジアン (中央値) を返します。メジアンとは、一連の数値の中央にくる数値のことです。