【Excel】PERCENTRANK関数-配列内での値の順位の百分率を求める-


(約文字)

2019-09-19

  • Keyword
  • Excel
  • PERCENTRANK関数
  • 配列
  • 順位
  • 百分率

PERCENTRANK関数とは

エクセルの「PERCENTRANK関数(パーセントランク:Percent Rank)」は配列内での値の順位の百分率を返す関数です。

  • ・あるテストの全成績の中で順位を評価したい。

この様な場合に利用するのが「PERCENTRANK関数」です。

構文と引数

  • 365
  • 2019
  • 2016
  • 2013
  • 2010
  • 2007

=PERCENTRANK(配列,x,[有効桁数])

引数必要性内容
配列必須相対的な位置を決定する、数値データを含むデータの配列またはセル範囲を指定します。
x必須ランクを調べる値を指定します。
[有効桁数][省略可]計算結果として返される百分率の有効桁数を指定します。省略すると小数点以下第3位 (0.xxx) まで計算されます。

PERCENTRANK関数の解説

  • ・配列にデータが含まれていない場合、エラー値#NUM!が返されます。
  • ・有効桁数<1の場合、エラー値#NUM!が返されます。
  • ・xに相当する値が配列に含まれていない場合、正しい順位を計算するため、データの補間が行われます。
出典:Microsoft - Office サポート

注意事項

重要:この関数は、より精度が高く、その使い方をより適切に表す名前を持つ、新しい1つ以上の関数で置き換えられました。 この関数は下位互換性のために引き続き利用可能ですが、Excelの将来のバージョンでは利用できなくなる可能性があるため、今後は新しい関数を使用することを検討してください。

出典:Microsoft - Office サポート

より新しい「PERCENTRANK.EXC関数」「PERCENTRANK.INC 関数」の利用を推奨します。

関連する関数

  • PERCENTRANK.EXC関数:配列内での値の順位を百分率(0より大きく1より小さい)で求める
  • PERCENTRANK.INC 関数:配列内での値の順位を百分率(0~1、0および1を含む)で求める