【Excel】ACOTH関数-数値の逆双曲線余接(ハイパーボリック・アーク・コタンジェント)を返す関数-


(約文字)

2020-09-10

  • Keyword
  • Excel
  • ACOTH関数
  • 逆双曲線余接
  • ハイパーボリック・アーク・コタンジェント

ACOTH関数とは

エクセルの「ACOTH関数」は数値の逆双曲線余接(ハイパーボリック・アーク・コタンジェント)を返す関数です。

構文と引数

  • 365
  • 2019
  • 2016
  • 2013

=ACOTH(数値)

ACOTH関数の解説

  • ・双曲線余接は通常の(循環)余接のアナログです。
  • ・数値が1未満の場合は、エラー値#NUM!が返されます。
  • ・数値の絶対値が1未満の場合は、エラー値#VALUE!が返されます。
  • ・次の方程式が使用されます。
出典:Microsoft - Office サポート

ACOTH関数の使用例

6の逆双曲線余接(ハイパーボリック・アーク・コタンジェント)を求めます。

=ACOTH(6)

=0.168

関連する関数

  • ACOSH関数:数値の逆双曲線余弦(ハイパーボリック・アーク・コサイン)を返す関数
  • ACOTH関数:数値の逆双曲線余接(ハイパーボリック・アーク・コタンジェント)を返す関数