初級

操作が10倍速くなる
エクセルのキーボード操作一覧
(ショートカットキー)


(約文字)

2010-04-13 2018-04-04

ショートカットキーを使えばエクセル操作が10倍速くなる!?

マウスを使わずにキーボード操作でショートカットキーを使えばエクセルの操作が10倍速くなる!?沢山覚えて時間短縮を目指しましょう。

1.絶対覚えたいショートカットキー

エクセルのSUM関数のショートカットキー

※このキーボード素材は「写植ルームツボタ」様より借用しました。

私がよく使う「ショートカットキー」を一覧にしました。あなたのマウス作業を、ショートカットキーに替え、どんどん使って体に覚え込ませて下さい。 特に使うことが多いショートカットは、色を塗ったものです。これらはキーボードを見なくても入力できるようになるまで、使い込んでほしいです。 作業性が向上するのはもちろん、正確性が向上し、失敗やミスが減少します。

ショートカットキー 操作内容 アドバイス 他ソフトで流用可
Ctrl+S ファイルの上書き保存 作業が一区切りしたときに、すぐこのショートカットキーでファイルを保存してます。5~10分間隔で使用。
F2 セルを編集状態にする セル選択しF2で編集状態になります。セルの内容を追加、変更、削除する場合に使用。
Ctrl+X セルの切り取り
(カット)
セルの値(データ)や計算式、書式を切り取りします。貼付けと組み合わせると効果大!
Ctrl+C セルのコピー
(複製)
こちらはセルの値(データ)や計算式、書式をコピーします。貼付けと組み合わせると効果大!
Ctrl+V セルの貼り付け セルの切り取り/コピーした内容を貼り付けます。形式を選択して貼り付け(「Alt」→「E」→「S」→)も大変便利です。
Ctrl+1 「セルの書式設定」
ダイヤログ表示
セルの書式を設定する場合はこちらが早いです。表示形式の設定、配置の設定、罫線の設定でよく使います。
Ctrl+A 全セル選択 A1セルの左上にある全選択ボタンからでもできますが、このショートカットが楽です。
Tab 右のセルに移動 Enterキーでも動きますが設定によっては下へ移動してしまう場合もありますので、タブキーなら確実に右へ移動できます。ちなみにEnterで移動する方向の設定は「ファイル>オプション>詳細設定>編集設定>Enterを押したら、セルを移動する方向」で設定できます。
Shift+Tab 左のセルに移動 たまに戻りたいことありますが、矢印キーを探すのよりも、手の移動量が少なく、目を画面から離さなくて済むので、こちらの方が楽です。
Ctrl + D 上のセル内容をコピー コピー&ペーストはショートカットキーを使っても3アクション必要ですが、これなら1アクションでコピペできます。
Ctrl + R 左のセル内容をコピー 上記と一緒の理由。
  • 【Ctrl】キーはキーボードの左下と右下にありますが、左下の【Ctrl】キーを左手の「小指」か「親指」で抑えるのが一般的です。両方の指で押せるようにしたほうが腱鞘炎の予防にもつながります。

2.ショートカットキーはエクセルのメニューに表示がある

ショートカットキーはメニューでわかります。下図はエクセルの編集メニューを開いたところですが [切り取り]の横にはCtrl+X、[コピー]の横にはCtrl+Cの様に、よく使われるものは記載があります。 忘れてしまったらここを確認するといいでしょう。又ここを見て覚えるのも一つの手です。

この記事は以上です。最後までご覧頂き、ありがとうございました。

シェア

\ Let's Share !! /

この記事が参考になりましたら共有をお願い致します。

同じカテゴリの記事