初級

エクセルの「行」「列」どっち?
列と行の入れ替え方法は?
行数限界/列数限界


(約文字)

2016-02-12 2018-05-10

エクセルの「行」と「列」に関する様々な疑問を解決。

秩父の三峰神社で毎月1日に配られている「白い氣守」が人気すぎて大行列の渋滞の為、2018年6月から当面休止となったニュースを見て、早く行っておけばと後悔している今日この頃... この記事ではエクセルの「どっちが行?どっちが列?」「表の行と列の入れ替えがしたいけど...」「上のA・B・C...が消えた」「左の1・2・3...が消えたんだけど...」とお悩みの初心者さんに向けた「IF関数」のやさしい解説です。 更に、エクセルの列数の限界と行数の限界など、行と列に関する基本から詳細まで知ることが出来ます。

1.エクセルの「行」と「列」どっち?

1-1.「行」とは?

エクセルの「列」どっち?

縦に並んでいるのが「行」です。1行目、2行目、3行目、4行目、5行目、6行目と呼びます。

1-2.「列」とは?

横に並んでいるのが「列」です。A列、B列、C列、D列、E列、F列、G列...と呼びます。

エクセルの「列」どっち?

1-3.エクセルの「セル」とは?

列と行が合わさる一つのマス目が「セル」です。このセルは無限にあるわけではなく有限です。どれだけあるかは以下の記事で説明ます。

エクセルの「セル」とは
  • セルが集まると”シート”になり、シートが一つ以上集まると”ブック”になります。

2.エクセルの列数限界と行数限界

エクセルの列数と行数には、限界(最大列数/最大行数)があります。 最大列数/最大行数は、エクセルのバージョンによって異なります。

2-1.バージョン毎の最大列数/最大行数

バージョン 最大列数 最大行数 右下セル番地
97 256列 65,536行 IV65,536
2000 256列 65,536行 IV65,536
2002 256列 65,536行 IV65,536
2003 256列 65,536行 IV65,536
2007 16,384列 1,048,576行 XFD1,048,576
2010 16,384列 1,048,576行 XFD1,048,576
2013 16,384列 1,048,576行 XFD1,048,576
2016 16,384列 1,048,576行 XFD1,048,576

以下は、Excel2013の最大列数と最大行数です。列がXFD、行が1,048,576となっています。

エクセルの列数限界と行数限界

2-2.エクセルの最大行数/最大列数を自分で調べる方法は?

2-2-1.最大行数

空白シートで、以下のキーボード入力をすれば、一番下の行にジャンプして「最大行数」が確認できます。

【Ctrl】+【↓】(下矢印)

2-2-2.最大列数

空白シートで、以下のキーボード入力をすれば、一番右の行にジャンプして「最大列数」が確認できます。

【Ctrl】+【→】(右矢印)

3.行列を英語で?

行を英語で「Row」と書きます。列を英語で「Column」と書きます。 長年エクセルを使っていると「R1C1参照形式」とか目にしますが、この「R」「C」は「行(Row)」「列(Column)」のことです。 この「R1C1参照形式」はエクセルのオプションで設定が可能ですが、基本的に使うことはまずないです(私も今まで一度も使ったことありません)。

[ファイル]>[オプション]>[数式]>[数式の処理]>[R1C1参照形式を使用する」(デフォルトはチェック無し)

R1C1参照形式を切り替える

4.行列を入替えて表を逆にする

エクセルで表を作った場合に、行と列を入れ替えて逆にしたいことがあります。 せっかく出来上がったと思った資料を上司に見せたら、「逆にして!」と頼まれて泣きそうになった経験もあるでしょう。 でもエクセルの行列を入れ替えは簡単です。

[表の範囲を選択]>[右クリック]>[コピー](【Ctrl】+【C】)

[表の範囲を選択]>[右クリック]>[コピー](【Ctrl】+【C】)

[表を貼り付けたい場所の左上セルを選択]>[右クリック]>[行列を入れ替える]をクリック

[表の範囲を選択]>[右クリック]>[コピー](【Ctrl】+【C】)

これで簡単な表であれば行列が入れ替わります。

表の行列を入替えて逆に出来た

但し、もっと複雑の表の場合、文字の入れ替えはできますが、設定している書式が崩れてしまうことが多いです。 これを防ぐには、ある程度出来てきたところで、依頼者に内容を確認してもらうのがベストだと思います。

依頼された資料を確認してもらうタイミングについては”作業準備のコツ”の記事で詳しく解説していますので、良ければそちらを参照してみてください。

5.行番号や列番号を表示させる

エクセルの行の数字が表示されない!列の文字が消えた!

こんな風に、エクセルの行の数字が表示されない!列の文字が消えた!なんて事態に陥ったら、以下で元に戻せます。

[ファイル]→[オプション]→[詳細設定]→[次のシートで作業するときの表示設定]→[行列番号を表示するのチェックをつける]→[OK]

エクセルのオプションで行列番号を表示する

6.行と列を固定する

大きな表の場合、見出し行や列を見ながら、データ部分を参照したいことが良くあります。 このような場合は、行や列を固定させて、データ部分だけスクロールするようにすることが出来ます。 まず、固定したい列と行の右下のセルを選択してから以下を行うと列と行が両方とも固定されます。

[表示]>[ウィンドウ枠の固定]>[ウィンドウ枠の固定]

エクセルで行と列を固定する

列と行の固定を解除する方法は以下です。

[表示]>[ウィンドウ枠の固定]>[ウィンドウ枠固定の解除]

エクセルで行と列の固定を解除する

7.行と列を同じ幅にする

エクセルのシートで行の高さと、列の幅を同じにしたいわゆる「方眼紙」が作りたい場合、セルの高さと幅の「ピクセル単位」を揃えると正方形にすることが出来ます。

この記事は以上です。最後までご覧頂き、ありがとうございました。

シェア

\ Let's Share !! /

この記事が参考になりましたら共有をお願い致します。

同じカテゴリの記事