【Excel】FORECAST関数-回帰直線を使い将来の値を計算または予測する-


(約文字)

2019-08-22

  • Keyword
  • Excel
  • FORECAST関数
  • 将来予測
  • 直線補間
  • 回帰直線

FORECAST関数とは

エクセルの「FORECAST関数(フォーキャスト)」は回帰直線を使い将来の値を計算または予測する関数です。

具体的には、回帰直線を使い指定したxの値に対する、yの値を予測します。

  • ・将来の売上高を予測
  • ・商品在庫量を予測
  • ・消費動向などを予測

この様な場合に利用するのが「FORECAST関数」です。

構文と引数

  • 365
  • 2019
  • 2016
  • 2013
  • 2010
  • 2007

=FORECAST(x,既知のy, 既知のx)

引数必要性内容
x必須予測するyの値に対するxの値を、数値で示します。
既知のy 必須既知のyの値が入力されているセル範囲または配列を指定します。
既知のx 必須既知のxの値が入力されているセル範囲または配列を指定します。

ポイント

既存のxと既存のyから得られる回帰直線上で、xの値に対するyの値を予測します。

出典:Microsoft - Office サポート

FORECAST関数の解説

  • ・xに数値以外の値を指定すると、エラー値#VALUE!が返されます。
  • ・既知のyと既知のxで指定したセル範囲または配列が空白のとき、エラー値#N/Aが返されます。
  • ・既知のyと既知のxで両者のデータ数が異なるときは、エラー値#N/Aが返されます。
  • ・既知のxで指定したデータが変動しないとき、エラー値#DIV/0!が返されます。
出典:Microsoft - Office サポート

FORECAST関数の使用例

xはセルA9、既知のyはセルB2~B6、既知のxはセルA2~A6に入力されている場合、以下の様に指定します。

=FORECAST(A9,B2:B6,A2:A6)

注意事項

注: Excel2016では、この関数が新しい Forecasting関数の一部として、FORECAST.LINEAR に置き換えられました。 下位互換性のために引き続き利用できますが、Excel 2016の新しい関数の使用を検討してください。

出典:Microsoft - Office サポート

より新しい「FORECAST.LINEAR関数」の利用を推奨します。

関連する関数

  • FORECAST.LINEAR関数:既存の値を使用して将来の値を計算または予測します。(単回帰直線)
  • TREND関数:線形の傾向に沿って値を返す。(重回帰直線)