【Excel】SECH関数-角度の双曲線正割(ハイパーボリック・セカント)を返す関数-


(約文字)

2020-09-14

  • Keyword
  • Excel
  • SECH関数
  • 角度
  • 双曲線
  • 正割
  • ハイパーボリック・セカント

SECH関数とは

エクセルの「SECH関数」は角度の双曲線正割(ハイパーボリック・セカント)を返す関数です。

構文と引数

  • 365
  • 2019
  • 2016
  • 2013

=SECH(数値)

引数必要性内容
数値必須双曲線正割を求める角度をラジアン単位(弧度法)指定します。

SECH関数の解説

  • ・数値(角度)の絶対値は2^27(134,217,728)未満でなければなりません。
  • ・数値(角度)がディグリー単位(度数法)の場合は、PI()/180を掛ける or RADIANS関数を使用して、角度をラジアン単位(弧度法)に変換する必要があります。
  • ・数値(角度)が範囲外の場合は、エラー値#NUM!が返されます。
  • ・数値(角度)が数値以外の値の場合は、エラー値#VALUE!が返されます。
出典:Microsoft - Office サポート

SECH関数の使用例

30度の双曲線正割(ハイパーボリック・セカント)を求めます。

=SECH(PI()/180*30)

=0.87700964

45度の双曲線正割(ハイパーボリック・セカント)を求めます。

=SECH(RADIANS(45))

=0.754939709

関連する関数

  • SINH関数:数値の双曲線正弦(ハイパーボリック・サイン)を返す関数
  • SECH関数:角度の双曲線正割(ハイパーボリック・セカント)を返す関数
  • TANH関数:数値の双曲線正接(ハイパーボリック・タンジェント)を返す関数