IF関数

エクセルのIF関数の使い方がよく解らない人たちここに集まれ!条件を判断して処理結果を変える場合には、IF関数を利用します。

スポンサード リンク

IF関数を利用する場面

まず"IF"という英語の単語の意味は「もし〜」ですね。IF関数は、もしある条件が"○○"だったら"■■"にする。"○○"でなければ"▲▲"にする。と、「条件を満たす場合」と「満たさない場合」で処理を変える場合に使用します。

家計簿や出納帳など、ご家庭やビジネスシーンと、さまざまな場面でこのIF関数は利用できます。この関数を「知っている」のと「知らない」のでは、とても大きな差があります。是非ここで覚えてしまいましょう。

このページを読んだら、実際に自分で作業してみると覚えられると思います。もしわからなければメール下さい。私がサポートします。 参考としてこのページで説明しているサンプルファイルもダウンロードできるように用意しています。 もしうまくいかない場合はこれをDL(ダウンロード)して確認下さい。それでは早速説明を始めます。

まず例題と完成を確認

例題:国語のテスト結果を点数により「合格/不合格」を自動判定して表示してみましょう。
条件は、「80点以上であれば"合格"」「80点以上でなければ"不合格"」です。

まず例題と完成を確認

実際にIF関数を入力してみましょう

まずは山田さんの合否判定をしてみます。合否判定結果を表示させたいセルC3を選択します。

実際にIF関数を入力してみましょう

セルC3に以下のIF関数を入力します。(下記の文字をコピー&貼り付けしてもかまいません。)

=IF(B2>=80,"合格","不合格")

注意:「合格」「不合格」の文字以外は全て半角英数です。関数は文字以外は全て半角英数で入力しましょう!


数式を入力しキーボードの[Enter]キーを押すと、セルC3に"合格"と表示されます。


あとは、他の四人の判定も自動でするように、セルC3に入力した計算式をコピーし、セルC4〜C7へ貼り付けしましょう。


これで完成です。以下の詳しい説明もご覧ください。

IF関数の詳細説明

IF関数の基本形は以下のように指定します。黒文字の部分はIF関数の基本の形です。

=IF(引数1,引数2,引数3)

具体的に引数には以下を指定します。

ちなみに引数は()の中に記述します。関数によっては引数が無いものから、複数あるものまで、さまざまです。複数の引数がある場合は引数をカンマで区切って指定します。引数の指定順は関数によって異なります。


今回は以下のように指定しました。

=IF(B2>=80,"合格","不合格")

レベルアップ

複雑な条件で判断する

今回、引数1の判定条件はひとつでしたが、時には複数の条件で判定したいことがあるでしょう。こんな時合はAND関数やOR関数やNOT関数を利用することで、もっと複雑な条件判定をすることが可能となります。

=IF(AND(A1=10,B2=20),C1+D2,E1-F1)

上の式の意味は、セルA1が10であり、かつセルB2が20である場合(ともに真であるなら)C1+D2の計算結果を表示する。 もしセルA1が10でありセルB2が20でない場合(どちらか一方が真でないなら)E1-F1の計算結果を表示する。

=IF(OR(A1<>10,B2=C3),"エクセル","ワード")

上の式の意味は、セルA1が10である、又はセルB2とセルC3が等しい場合(どちらか一方が真であるなら)"エクセル"と表示する。 もしセルA1が10でなく、セルB2とセルC3が等しくない場合(どちらも偽であるなら)"ワード"と表示する。

判断後の選択肢を複数用意する

今回、引数2と引数3には式が指定できるので、ここへさらにIF関数を指定して2分岐以上の条件判定をさせることも可能となります(最大7階層まで)。 しかしあまり階層を深くしてしまうと訳がわからなくなりますので、最大でも2階層までに抑えておいたほうが無難です。 もっと条件を分岐させたいなら、複数のセルを利用して複数の分岐を作るとよいと思います。

空欄かどうかを判断する

判定条件に空欄を指定することができます。セルA1が空欄かどうかを調べる場合には以下のように指定します。

=IF(A1="","何も無し","何か有り")

スポンサード リンク