見出しを固定して印刷

エクセルで縦長の表を印刷する場合、2ページ目以降にも1ページ目と同じ見出しを印刷したいことがよくあります。 ここでは2ページ目以降にも見出しを固定して全ページに印刷する方法を解説します。

普通に印刷すると1ページ目には見出しが表示され、2ページ目以降は見出しが印刷されないので、その列が何なのか判らななくて困ります。 かと言って、ページごとに見出し入力しておくと、行の高さが変わったり、途中にデータが追加されると印刷時にズレて困るので絶対にやめましょう。

見出しを固定して印刷

スポンサード リンク

[手順1]ページ設定ダイヤログを開く

[ページレイアウト]>[ページ設定]をクリック。
([印刷プレビューボタン]でも[ページ設定]が開きますが、次の手順2が設定できません。)

[ページ設定]ダイヤログを開く

これで[ページ設定]ダイヤログが開きます。

[手順2]印刷タイトル行を指定する

[シートタブ]>[タイトル行]の[ダイアログボックス縮小ボタン]をクリック。
(印刷タイトルのタイトル行を指定するために、ダイヤログボックスを一旦小さくします。)

固定する見出しを指定する準備

[1行目]>[ダイアログボックス元に戻すボタン]>[OK]をクリック。
(今回は見出し項目が1行目なので1行目だけを指定しましたが、複数の行(連続している必要あり)を指定することも可能です。)

固定する見出しを選択する

[手順3]印刷プレビューを確認する

印刷プレビューを確認してみると、見出し(1行目)が各ページに印刷されるようになりました。 (手順2で列をしていするれば、列を固定し印刷することも可能です。)

見出しを全ページに出力できた

スポンサード リンク