初級

エクセルで円周率(π)の
入力(関数計算)


(約文字)

2010-04-18 2018-08-28

エクセルで円周率(π)を使って計算する方法を解説。

お口の恋人ロッテのチョコパイ 6個、三立製菓の源氏パイがムショウに食べたくなる今日この頃... この記事では、エクセルでのセルに表示される「円周率の出し方が解らない...」「π:パイ記号の入力方法がわからない」「関数による円周率の計算方法は?」 とお悩みの初心者さんに向けて円周率のPI関数」のやさしく・わかりやすい解説をしてみたいと思います。

1.円周率(π:パイ)の計算方法は便利な関数を利用

エクセルで円周率(π)を入力する場合、初めから用意されている「PI関数」を利用するのが便利です。

2.PI関数の基本

PI関数の基本形は以下のように指定します。

=PI()

PI関数に引数(括弧の中にしているるもの)の指定は不要です。もし引数を指定しようとすると「関数に問題が見つかった」と注意が表示されます。

引数に関しては”Excelの「引数」とは?”の記事で詳しく解説していますので、良ければそちらを参照してください。

実際にセル内に式を入力すると以下のようになります。

エクセルで円周の長さを求める

このように「3.14159265358979」と小数点以下14桁まで求めてくれます。(もし14桁ない場合は、セルの幅を広げると表示されます。ちなみにエクセルのバージョンによって桁数が違います。Excel2013では9桁です。)

参考ですが「ボイジャー1号(最も遠く(195億km)まで到達した探査機)」と地球との距離を計算するのに、14桁で計算した場合と15桁で計算した場合で11.7cmの誤差しかないそうです。 詳細はNASAが円周率を15桁目までしか使わない理由を参照してください。要は、一般の計算であれば9桁でも十分だということです。

3.PI関数を利用して円の面積を求める

エクセルで円の面積を求める

今、A2セルに円の半径が入力されていて、B2セルに円の面積を求めたい場合、以下の式を入力します(全ての文字は半角で入力)。

=A2^2*PI()

円の面積は「π(3.141592...)×半径の2乗 (πr2)」で求められます。

ちなみに乗数は^(キャレット)の記号になります。2乗の場合は「^2」、3乗の場合は「^3」としてします。

^(キャレット)記号の入力方法については”記号の読み方と出し方一覧”の記事で詳しく解説していますので、良ければそちらを参照してください。

4.PI関数で求めた円の面積を四捨五入

PI関数で求めた円の面積を四捨五入するには、求めた答えをROUND関数の引数1へ渡せば、四捨五入が出来ます。

=ROUND(A2^2*PI(),3)

今回はROUND関数の引数2に”3”を指定しましたので、小数点以下3桁目まで求められます(4桁目を四捨五入します。)。

5.PI関数を利用して円周の長さを求める

エクセルで円周の長さを求める

今、A2セルに円の半径が入力されていて、B2セルに円周の長さを求めたい場合、以下の式を入力します(全ての文字は半角で入力)。

=2*PI()*A2

円の面積は「2×π(3.141592...)×半径 (2×π×r)」で求められます。

6.PI関数で求めた円周の長さを四捨五入

PI関数で求めた円周の長さを四捨五入するには、求めた答えをROUND関数の引数1へ渡せば、四捨五入が出来ます。

=ROUND(2*PI()*A2,3)

今回はROUND関数の引数2に”3”を指定しましたので、小数点以下3桁目まで求められます(4桁目を四捨五入します。)。

7.円周率の記号(π:パイ)の入力方法

π記号の入力方法は、”パイ”と入力し変換すれば、π記号が入力できます。Windowsの場合、フォントを”MS UI Gothic”にすると、見慣れたπ記号の形になります。

この記事は以上です。最後までご覧頂き、ありがとうございました。

シェア

\ Let's Share !! /

この記事が参考になりましたら共有をお願い致します。

同じカテゴリの記事

この記事を元に、新記事を依頼したパクリ野郎を見っけwww 掲載日:2018年06月12日 クライアント情報:hxxxxxxxxxxa こんな感じの記事で、http://all-excel.com/fnc_05.html 同じぐらいの詳しさで、内容が丸被りしないようにオリジナル要素も付け加えつつ書いてくれるかた探してます。お金ないので、500円でどなたかやってくれませんか( ;∀;)