【Excel】BETADIST関数-β分布の累積分布関数の値を求める-


(約文字)

2019-07-26

  • 365
  • 2019
  • 2016
  • 2013
  • 2010
  • 2007

エクセルの「BETADIST関数(ベータ・ディストリビューション)」はβ分布の累積分布関数の値を求める関数です。

BETADIST関数の指定方法と引数

=BETADIST(値,α,β,[下限],[上限])

引数要否内容
必須確率関数を評価する値を指定します。
α必須分布の1つ目の形状パラメータを指定します。αには正の数値を指定してください。
β必須分布の2つ目の形状パラメータを指定します。βには正の数値を指定してください。
[下限][省略可]関数の下限を指定します。省略すると0として計算されます(デフォルトが0)。
[上限][省略可]関数の上限を指定します。省略すると1として計算されます(デフォルトが0)。

BETADIST関数のポイント

β分布の累積分布関数の値を返します。β分布は、複数の標本を対象に割合の変化を分析する場合などに使用します(たとえば、複数の人が1日のうちにテレビを見ている時間の割合を算出するときは、この関数を使用します)。

出典:Microsoft - Office サポート

関数の注意事項

重要:この関数は、より精度が高く、その使い方をより適切に表す名前を持つ、新しい1つ以上の関数で置き換えられました。 この関数は下位互換性のために引き続き利用可能ですが、Excelの将来のバージョンでは利用できなくなる可能性があるため、今後は新しい関数を使用することを検討してください。

出典:Microsoft - Office サポート

より高精度となった新しい「BETA.DIST 関数」の利用を推奨します。

関連する関数

  • betainv関数:β分布の累積分布関数の逆関数の値を返す