【Excel】BETAINV関数-β分布の累積分布関数の逆関数の値を求める-


(約文字)

2019-07-29

  • 365
  • 2019
  • 2016
  • 2013
  • 2010
  • 2007

エクセルの「BETAINV関数(ベータ・インバース)」はβ分布の累積分布関数の逆関数の値を求める関数です。

BETAINV関数の指定方法と引数

=BETAINV(確率,α,β,[下限],[上限])

引数要否内容
確率必須ベータ確率分布における確率を指定します。
α必須確率分布のパラメータを指定します。0より大きい値を指定してください。
β必須確率分布のパラメータを指定します。0より大きい値を指定してください。
[下限][省略可]X区間の下限を指定します。省略すると0として計算されます(デフォルトが0)。
[上限][省略可]X区間の上限を指定します。省略すると0として計算されます(デフォルトが0)。

BETAINV関数のポイント

指定されたβ分布の累積β確率密度関数の逆関数の値を返します。 つまり、確率 = BETADIST(x,...) の場合は、BETAINV(確率,...) = x となります。 β分布は、プロジェクト計画などで、期待される完了時間と公差を指定して予想完了時間をモデル化する場合に使用できます。

出典:Microsoft - Office サポート

関数の注意事項

重要:この関数は、より精度が高く、その使い方をより適切に表す名前を持つ、新しい1つ以上の関数で置き換えられました。 この関数は下位互換性のために引き続き利用可能ですが、Excelの将来のバージョンでは利用できなくなる可能性があるため、今後は新しい関数を使用することを検討してください。

出典:Microsoft - Office サポート

より高精度となった新しい「BETA.INV関数」の利用を推奨します。

関連する関数