【Excel】PRICEMAT関数-満期日に利息が支払われる証券の額面100あたりの価格を求める-


(約文字)

2020-05-20

  • Keyword
  • Excel
  • PRICEMAT関数
  • 満期日
  • 利息
  • 証券
  • 価格

PRICEMAT関数とは

エクセルの「PRICEMAT関数」は満期日に利息が支払われる証券の額面100あたりの価格を返す関数です。

構文と引数

  • 365
  • 2019
  • 2016
  • 2013
  • 2010
  • 2007

=PRICEMAT(受渡日,満期日,発行日,利率,利回り,[基準])

重要:日付は、DATE関数を使って入力するか、他の数式または他の関数の結果として指定します。 例えば2020年5月20日を入力する場合は、DATE(2020,5,20) を使用します。 日付を文字列として入力した場合、エラーが発生することがあります。

引数必要性内容
受渡日必須証券の受渡日を指定します。発行日以降に証券が買い手に引き渡される日付です。
満期日必須証券の満期日を指定します。証券の支払期日です。
発行日必須証券の発行日を指定します。日付にはシリアル値が使用されます。
利率必須発行日の証券の利率を指定します。
利回り必須証券の年間配当を指定します。
[基準][省略可]計算に使用する基準日数を示す数値を指定します。
基準日数を示す数値基準日数 (月/年)
0or省略30日/360日(NASD方式)
1実際の日数/実際の日数
2実際の日数/360日
3実際の日数/365日
430日/360日(ヨーロッパ方式)

PRICEMAT関数の解説

  • ・Excelでは、日付を連続したシリアル値として処理することで、日付の計算が行われています。既定では、1900年1月1日がシリアル値1として保存され、2008年1月1日は1900年1月1日から43971日後に当たるので、シリアル値は43971になります。
  • ・受渡日とは、債券などの証券の売買代金を決済した日付です。 満期日とは、証券の支払期日です。 たとえば、2020年1月1日に発行された30年債券を、発行日の6か月後に購入したとします。この債券は、発行日が2020年1月1日、受渡日が 2020年7月1日になり、満期日は、発行日の30年後に当たる 2050年1月1日になります。
  • ・受渡日、満期日、発行日、基準に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。
  • ・受渡日、満期日、発行日に無効な日付を指定すると、エラー値#VALUE!が返されます。
  • ・利率 < 0 または利回り < 0 の場合、エラー値#NUM!が返されます。
  • ・基準 < 0 または基準 > 4 である場合、エラー値#NUM!が返されます。
  • ・受渡日 ≧ 満期日である場合、エラー値#NUM!が返されます。
  • ・PRICEMAT 関数は、次の数式で表されます。
  • ・ここで
  • ・B=利息計算の基礎となる1年の日数です。
  • ・DSM=受渡日から満期日までの日数です。
  • ・DIM=発行日から満期日までの日数です。
  • ・A=発行日から受渡日までの日数です。
出典:Microsoft - Office サポート

PRICEMAT関数の使用例

データ説明
2020/1/30受渡日
2020/5/20満期日
2018/9/10発行日
7.20%半年単位の利率
7.20%利回り
0基準(30日/360日)

上のデータに対する、債券の価格を求めます。

=PRICEMAT(A2,A3,A4,A5,A6,A7)

=99.78473581

関連する関数

  • ACCRINTM関数:満期日に利息が支払われる証券の未収利息額を求める
  • PRICEMAT関数:満期日に利息が支払われる証券の額面100あたりの価格を返す関数
  • YIELDMAT関数:満期日に利息が支払われる証券の利回りを求める