引き算を絶対値で求める(ABS関数)

エクセルで引き算の答えが、常にプラスになるように(マイナスにならないように)「絶対値」で求める数式(ABS関数)を解説します。

スポンサード リンク

絶対値って何?

まず初めに絶対値とは何かですが、「二つの値の差の大きさ」のことです。
自分と相手の年齢差などを表す場合に利用します。

たとえば、子供(20歳)と母(50歳)の年齢差を表す場合に使います。
教科書に掲載されている数式で表すと「年齢差=|20-50|=30」こんな感じです。

利用する関数

引き算だけではなく、絶対値を求める場合はABS関数を利用します。
数式は=ABS(引数)。引数には数値、セル番地、計算式を指定。戻り値は引数の絶対値。

絶対値を求める

下図の山田親子の年齢差(絶対値)を求める場合、D2セルに=ABS(B2-C2)を指定します。 子年齢(セルB2)から親年齢(セルC2)を引いて年齢差を求めるとマイナス値(-30)になりますが、これをABS関数に与える(ABS(-30))ことで、答えが正の値(30)になります。

絶対値を求める

スポンサード リンク