Excel「#REF!」の意味と
表示させない(非表示)方法

この記事は約3分で読むことができます。

2016-03-13 2018-05-08

  • キーワード
  • Excel
  • その他
  • エラー
  • #REF!
  • 意味
  • 原因
  • 表示しない
  • 非表示
  • 消す

エクセルのVLOOKUP関数でよく発生する「#REF!」の意味は?その原因と、表示させない(非表示)、消す方法を解説します。

1.「#REF!」が表示される意味

「#REF!」は、エクセルからの「エラー警告」です。”REF”とは英語の「References(リファレンス)」の略で「参照」という意味です。

2.「#REF!」エラーの原因

#REF!エラーの原因

#REF!エラーは計算式が参照しているセルが無効なのが原因です。

よくあるのは、参照先のセルを削除してしまい、計算できなくなってしまった為、エラーが発生する場合です。

上図では、立方体の体積(=幅×高さ×奥行)を求めるのに必要な「奥行」データがあってD列を間違えて削除してしまったので、#REF!エラーが発生しました。

3.#REF!エラーを表示させない(非表示にする)

#REF!エラーを表示させない(非表示にする)

#REF!エラーを表示させない(非表示にする)ためには参照先を有効にすることです。具体的には以下の方法などが考えられます。

  • (1)数式の引数である参照先(セル番地)を変更する。
  • (2)参照先のセル番地に有効なデータを入力する。

上図では、立方体の体積の計算に必要な”奥行データ”を追加(セルC3)して、#REF!エラーを消しました。要は「(2)参照先のセル番地に有効なデータを入力する」の方法でエラーを回避したわけです。

4.滅多にないが互換性の問題でも「#REF!エラー」がおきる

ここで説明する#REF!エラーの発生は稀だと思いますが、Excelのバージョンの違いによる互換性の問題からも発生します。 Excel 2007以降はシートの最大行列数が増えたたことにより、Excel 2007以降のバージョンで作成したブックを、Excel 2007以前のバージョン開くとと、範囲外セルへの参照が発生し「#REF!」エラーのリスクがあります。

具体的には、Excel 2007以前は65,536行×256列だったのが、Excel 2007からは1,048,576行×16,384列に増えたことが原因です。 新しいエクセルでシートを目いっぱい使ったファイル(ブック)は、古いエクセルで開くとエラーが発生する場合があるという事に気を付けてください。

エクセルの行と列については”Excelの「行」「列」どっち?行数限界/列数限界”の記事で詳しく解説していますので、良ければそちらを参照してください。

5.エクセルで発生するその他のエラー

エラーの種類 表示の原因 この記事
#N/A データが存在しない、一時的に無い
#VALUE! 関数の引数の間違え、正しくない
#NUM! 数値がNG(ダメ)
#REF! 参照セルが無効
#DIV/0! 除数が0、空
#NULL! 空で何もない
#NAME? 関数の名前が違う等

同じカテゴリの記事