初級

エクセルで掛け算(乗算)の
数式、関数、固定のやり方


(約文字)

2009-07-08 2018-05-15

エクセルで"掛け算"の方法がよく解らない初心者さんにやさしく解説します。

小学生の時の九九の暗記、フロ場でのぼせて倒れそうになったなぁと小学生のころを懐かしむ今日この頃... この記事では、エクセルで「掛け算の数式や関数の記号が解らない」、「参照セルの固定方法がよく解らない」 そんな初心者さんに向けたやさしい解説です。 さらに数値の丸め(切り捨て、四捨五入、切り上げ)も簡単に出来ます。

1.掛け算で使う記号

エクセルで掛け算(乗算)に使う記号(正式には”演算式”と言います)は、「*(アスタリスク記号)」(半角文字)です。 セルに入ったデータ(数値、関数の結果)や、*(アスタリスク記号)の前後に直に値を指定して掛け算が出来ます。

エクセルで掛け算(乗算)のやり方、関数、計算式

×(バツ記号)では、掛け算はできません。X(エックス)でも、掛け算はできません。

複数のセルに入った値の掛け算がしたい場合は、このページの下の方の「4.複数の数を掛け合わせる(PRODUCT関数)」を参照してください。

2.掛け算の記号「*」を入力する方法

この「*」記号の入力は、半角英数モードで、キーボードから以下を入力します。

【Shift】+【け】

掛け算の記号「*」を入力する方法

※このキーボード素材は「写植ルームツボタ」様より借用しました。

もし全角の「*」が表示された場合(日本語モードで入力した場合)には、変換が確定する前にキーボードの上部の【F10】を1回押すと半角文字に変換されます。

ちなみに、エクセルはとても賢いので全角で入力しても自動で半角に変換してくれます。

3.掛け算の数式

A2セルとB2セルの値を掛け算し、計算結果を求めたい場合は、答えを表示させたいセルに以下の式を入力します。 (全ての文字は半角英数で入力してください。エクセルの計算式は基本全て半角英数を入力しましょう。)

=A2*B2 又は =B2*A2

今後、変更する予定が無い固定値(今回は”10”とする)とC3セルの値を掛け算し、計算結果を求めたい場合は、答えを表示させたいセルに以下の式を入力します。

=10*C3 又は =C3*10

このWEBページでは「*」の記号が上に寄って見えるかもしれませんが、エクセルでは天地中央になるはずです。このデータをコピーしてエクセルに貼り付ければ天地中心に戻ります。

4.複数の数を掛け合わせる(PRODUCT関数)

複数の数をかけ合わせる場合、エクセルにはPRODUCT関数があります。足し算の場合はSUM関数ですが、それの掛け算バージョンがPRODUCT関数です。

SUM関数については”SUM関数-縦or横の範囲を合計”の記事で詳しく解説していますので、良ければそちらを参照してみてください。

4-1.繋がったセルの掛け算

=PRODUCT(A3:C3)

エクセルで繋がったセルの掛け算

この様に、掛けたいセル範囲を:(コロン記号)で区切って範囲を指定します。上記の場合、A3セル、B3セル、C3セルの3つのセルが掛け算の対象です。

4-2.離れたセルの掛け算

=PRODUCT(A3,C3,E3)

エクセルで離れたセルの掛け算

この様に、掛けたいセル範囲を,(カンマ記号)で区切って離れたセル番地を指定します。この場合、A3セル、C3セル、E3セルが掛け算の対象です。

5.掛け算するセル番地を固定する

セルに入力された「数式」を別のセルにコピーや移動すると、数式から参照しているセル番地も相対的に移動します。 実はこれ「相対参照」という機能で、エクセルのデフォルトが相対参照に設定されていて相対的にセル番地の参照先が移動します。

これだと消費税率など、参照先のセル番地を固定しておきたい計算の場合、計算式をコピーや移動すると、計算式に含まれているセル番地の参照先も移動してしまい困ります。 そこでエクセルでは計算式に含まれる参照先のセル番地を固定して、計算式をコピーや移動しても計算式に含まれている参照先のセル番地が固定できる「絶対参照」という機能があります。

例えば、消費税率がB3セルに入っている場合、数式の「B3」を「$B$3」とすれば、数式をコピーや移動しても参照先がA1に絶対的に固定できるので数式の大量なコピーや移動も問題がありません。

掛け算するセル番地を固定する

絶対参照については”絶対参照/相対参照”の記事で詳しく解説していますので、良ければそちらを参照してみてください。

6.掛け算の結果を丸める

6-1.掛け算の結果を四捨五入

掛け算の結果を四捨五入する方法ですが、ROUND関数と組み合わせると簡単にできます。

=ROUND(A1*A2,2)

6-2.掛け算の結果を切り上げ

掛け算の結果を切り上げる方法ですが、ROUNDUP関数と組み合わせると簡単にできます。

=ROUNDUP(A1*A2,2)

6-3.掛け算の結果を切り捨て

掛け算の結果を切り捨てる方法ですが、ROUNDDOWN関数と組み合わせると簡単にできます。

=ROUNDDOWN(A1*A2,2)

エクセルの丸めについては”Excelで丸める関数”の記事で詳しく解説していますので、良ければそちらを参照してみてください。

7.その他の四則演算

現在地 種類 演算記号 詳細説明
足し算(加算) +(プラス記号) 足し算の数式を見る >>
引き算(減算) -(マイナス記号) 引き算の数式を見る >>
掛け算(乗算) *(アスタリスク記号) 掛け算の数式を見る >>
割り算(除算) /(スラッシュ記号) 割り算の数式を見る >>

この記事は以上です。最後までご覧頂き、ありがとうございました。

シェア

\ Let's Share !! /

この記事が参考になりましたら共有をお願い致します。

同じカテゴリの記事