エクセルで引き算(減算)

エクセルで"引き算"の数式がよく解らない人たち、やり方を解かり易く解説するので、ここに集まれ!

エクセルで引き算のやり方、数式、関数

スポンサード リンク

引き算の記号

エクセルで引き算をする場合に利用する記号(正式には演算式と言います)は、「-」(半角文字)です。 エクセルに引き算の関数は用意されていませんので、マイナス記号(-)を使います。

引き算の記号を入力する方法

この「-」記号の入力は、半角英数モードで、キーボードの「ほ」のキーを押すと入力できます。 もし全角の「−」が表示された場合(日本語モードで入力した場合)には、変換が確定する前にキーボードの上部にある「F10」キーを1回押すと半角文字になります。 (ちなみに、エクセルはとても賢いので全角で入力しても自動で半角に変換してくれます。)

引き算 計算入力例

A2セルの値からB2セルの値を引いてC2セルに答えを出したい場合は、以下の式をC2セルに入力します。(全ての文字は半角英数で入力してください。エクセルの計算式は基本全て半角英数を入力しましょう。)

=A2-B2

時間を引き算する

時間を引き算したい場合もありますが、ここでの説明は割愛します。また別の機会に解説させていただきます。 ちなみに時間や日付はシリアル値で管理されていますので、四則演算させることは可能です。

固定セルを引き算する

たとえば、セルA1の内容を固定値として各セルから引きたい場合は、「絶対参照」のテクニックを使えば、引きたい値のセルを簡単に固定できます。 詳細はEXCELの関数をコピーするとズレる?(絶対参照&相対参照)を確認してください。

引き算の答えを絶対値で求める

引き算の引く順番を気にせず常にプラスの値で求めるなら、絶対値を求めるABS関数を使います。

連続セルの複数の値を引く

セルA1の値から、セルA2、セルA3、セルA4、セルA5、セルA6、セルA7、セルA8、セルA9、セルA10の数字を引きたい場合ですが、以下の様に入力するのは大変です。

=A1-A2-A3-A4-A5-A6-A7-A8-A9-A10

このような場合は、以下の様にSUM関数を組み合わせてあげれば、引く数字が大量でも入力が簡単にできます。

=A1-SUM(A2:A10)

四則演算記号まとめ

その他の四則演算の記号は以下の表のようになります。
記号は全て半角英数文字です。

足し算+
引き算-
掛け算*
割り算/

スポンサード リンク