エクセルで掛け算(乗算)

最終更新日:2017年4月5日

エクセルで掛け算

エクセルで掛け算の数式・関数・固定がよく解らない人に向け、やさしく解説します。切り捨て、四捨五入、切り上げなどの計算方法も簡単に出来ます。

スポンサード リンク

掛け算の数式

A2セルとB2セルに値が入っていて、C2セルに掛け算の答えを求めたい場合は、以下の式をC2セルに入力します。(全ての文字は半角英数で入力してください。エクセルの計算式は基本全て半角英数を入力しましょう。)

=A2*B2

掛け算の記号「*」を入力する方法

この掛け算の記号(正確には「演算子」という)「*」記号の入力は、半角英数モードで、キーボードの【Shift】+【け】キーを押すと入力できます。 もし全角の「*」が表示された場合(日本語モードで入力した場合)には、変換が確定する前にキーボードの上のほうにある【F10】キーを1回押すと半角文字になります。 (ちなみに、エクセルはとても賢いので全角で入力しても自動で半角に変換してくれます。)

掛け算の関数

エクセルに掛け算の関数は残念ながら用意されていません。

掛け算のセルを固定する(絶対参照)

セルに入力された「数式」を別のセルにコピーや移動をすると、参照先のセル番地も相対的に移動してしまいます。これでは消費税の計算をする場合などでとても不便で、困ってしまいます。 実はこれ「相対参照」という便利な機能で、エクセルのデフォルトが相対参照に設定されているので、セル番地が相対的に移動するのです。

この様な参照先を固定したい場合は、消費税率のセル番地を「絶対参照」にすれば、参照セルが固定できます。 例えば、消費税率がA1セルに入っている場合、数式の「A1」を「$A$1」とすればコピーや移動しても参照先がA1に固定できるので、大量にコピーや移動も楽になります。 この方法は、関数をコピーするとズレる?(絶対参照&相対参照)で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

掛け算の結果を切り捨て

掛け算の結果を切り捨てる方法ですが、ROUNDDOWN関数と組み合わせると簡単にできます。

=ROUNDDOWN(A1*A2,2)

掛け算の結果を四捨五入

掛け算の結果を四捨五入する方法ですが、ROUND関数と組み合わせると簡単にできます。

=ROUND(A1*A2,2)

掛け算の結果を切り上げ

掛け算の結果を切り上げる方法ですが、ROUNDUP関数と組み合わせると簡単にできます。

=ROUNDUP(A1*A2,2)

切り捨て、四捨五入、切り上げについては、EXCELで四捨五入する関数(「切り捨て」「切り上げ」設定方法)で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

四則演算記号まとめ

その他の四則演算の記号は以下の表のようになります(記号は全て半角英数文字)。

足し算+
引き算-
掛け算*
割り算/

スポンサード リンク