エクセルの
演算子の種類と
優先順位

この記事は約5分で読むことができます。

2017-07-02

  • キーワード
  • Excel
  • 算術演算子
  • 比較演算子
  • 文字列連結演算子
  • 参照演算子
  • 優先順位

Excelでは、数式の要素を「演算子」で組み合わせることで、複雑な計算が可能です。これらを覚えてちょっと複雑な計算式を組み立てられるようになりましょう。 演算子には4種類あり、計算の基本(足し算、引き算、掛け算、割り算)を行う算術演算子、二つの値(数や文字)を比較する比較演算子、文字列をつなげるための文字列演算子、セルの範囲を指定する(複数のセル参照)参照演算子があります。

1.算術演算子 (さんじゅつえんざんし)6種類

算術演算子は数値やセル番地と組み合わせる事で、基本的な四則演算などの計算を行います。

演算子説明使用例
+(正符号)加算 足し算=A1+B1、=A1+10
-(負符号)減算 引き算 負の数=A1-B1、=A1-10 、1、-10
*(アスタリスク)乗算 掛け算=A1*B1、=A1*10
/(スラッシュ)除算 割り算=A1/B1、=A1/10
%(パーセント)パーセント指定=A1*80% (0.8を掛ける)
^(キャレット)累乗 べき乗=A1^2

+(加算)については”足し算”の記事で、 -(減算)については”引き算”の記事で、 *(乗算)については”掛け算”の記事で、 /(除算)については”割り算”の記事で、 +(累乗)については”乗数の計算”の記事で、詳しく解説していますので、良ければそちらを参照してみてください。

2.比較演算子(ひかくえんざんし)6種類

2つの値を比較する演算子です。条件により処理を2つに分岐するIF関数などの論理式の組み立てに用います。

演算子説明使用例返り値
=
(等号)
左辺と右辺が
等しい
A1=B1左辺と右辺が一致ならTRUE(真)
左辺と右辺が不一致ならFALSE(偽)
<>
(不等号)
左辺と右辺が
等しくない
A1<>B1左辺と右辺が一致ならFALSE(偽)
左辺と右辺が不一致ならTRUE(真)
(=(等号)と反対の返り値を返す)
>
(より大きい)
左辺の方が
大きい
A1>B1左辺が右辺より大きいならTRUE(真)
左辺が右辺より小さいならFALSE(偽)
<
(より小さい)
右辺の方が
大きい
A1<B1左辺より右辺が大きいならTRUE(真)
左辺より右辺が小さいならFALSE(偽)
>=
(より大か
等しい)
左辺の方が大きいか
左辺と右辺が等しい
A1>=B1左辺が右辺が大きい又は左辺と右辺が同じならTRUE(真)
左辺より右辺が大きいならFALSE(偽)
<=
(より小か
等しい)
右辺の方が大きいか
左辺と右辺が等しい
A1<=B1左辺より右辺が大きい又は左辺と右辺が同じならTRUE(真)
左辺より右辺が小さいならFALSE(偽)

例えば、二つのセルの内容を比較し”適合””不適合”と表示させる場合、以下の様にします。

=IF(A1=A2,"適合","不適合")

又、二つのセルの内容を比較し”B1の方が大きい””B2のほうが大きい”と表示させる場合、以下の様にします。

=IF(B1>B2,"B1の方が大きい","B2のほうが大きい")

IF関数については”IF関数”の記事で詳しく解説していますので、良ければそちらを参照してみてください。

3.文字列連結演算子(もじれつれんけつえんざんし)1種類

文字列をつなげる為の演算子です。

演算子説明使用例
&(アンパサンド) ふたつの文字列を繋げて、ひとつの文字列にする。 =A1&B1
=A1&" "&B1

例えば、A1セルに入った苗字の後ろに様を付ける場合、以下の様にします。

=A1&"様"

例えば、A1セルに入った苗字と、B1セルに入った名前の間にスペースを入れる場合、以下の様にします。

=A1&" "&B1

例えば、A1セルに入った苗字と、B1セルに入った名前の間にスペースを入れ、末尾に「殿」を付ける場合、以下の様にします。

=A1&" "&B1&"殿"

4.参照演算子(さんしょうえんざんし)3種類

計算するセル範囲を結合します。優先順位は、":">"スペース">","です。

演算子説明使用例
:(コロン)セル範囲A1:D5
,(カンマ)複数のセル範囲A1,B3,C5
" "(スペース)共通のセル範囲C1:D10 A4:F5

離れたセル範囲&複数のセル範囲を指定する方法は以下のように:(コロン)セル範囲と,(カンマ)で複数の範囲を組み合わせることで指定する事が可能です。 ?

=SUM(A1:B2,C3:D4,E5:F6)

”:”(コロン)と”,”(カンマ)は、使用頻度がとても高い参照演算子ですので、実際に使ってちゃんと覚えておきましょう。 特に離れた範囲を指定する,(カンマ)が使えるようになれば、複雑なセル範囲が指定できるようになりますので、レベルアップするには必ず必要になります。

共通のセル範囲を参照する" "(スペース)ですが、まず使いませんので覚える必要はありません。私も20年間一度も使ったことがありません。 ?

同じカテゴリの記事