【Excel】NORMDIST関数-正規分布の累積分布関数の値を求める-


(約文字)

2019-09-10

  • Keyword
  • Excel
  • NORMDIST関数
  • 正規分布

NORMDIST関数とは

エクセルの「NORMDIST関数(ノーマル・ディストリビューション:Normal Distribution)」は指定した平均と標準偏差に対する正規分布関数の値を返す関数です。

  • ・仮説検定

この様な場合に利用するのが「NORMDIST関数」です。

構文と引数

  • 365
  • 2019
  • 2016
  • 2013
  • 2010
  • 2007

=NORMDIST(x,平均,標準偏差,関数形式)

引数必要性内容
X必須関数に代入する値を指定します。
平均必須対象となる分布の算術平均 (相加平均) を指定します。
標準偏差必須対象となる分布の標準偏差を指定します。
関数形式必須TRUEを指定すると累積分布関数の値が計算され、FALSEを指定すると確率密度関数の値が計算されます。

NORMDIST関数の解説

  • ・平均、標準偏差に数値以外の値を指定すると、エラー値 #VALUE! が返されます。
  • ・標準偏差 <= 0 である場合、エラー値 #NUM! が返されます。
  • ・平均 = 0、標準偏差 = 1、かつ関数形式 = TRUE である場合、標準正規分布関数 (NORMSDIST 関数) の値が計算されます。
  • ・関数形式が TRUE の場合、負の無限大から x までの累積確率の値が返されます。
出典:Microsoft - Office サポート

注意事項

重要:この関数は、より精度が高く、その使い方をより適切に表す名前を持つ、新しい1つ以上の関数で置き換えられました。 この関数は下位互換性のために引き続き利用可能ですが、Excelの将来のバージョンでは利用できなくなる可能性があるため、今後は新しい関数を使用することを検討してください。

出典:Microsoft - Office サポート

より新しい「NORM.DIST関数」の利用を推奨します。

関連する関数

  • NORM.DIST関数:指定した平均と標準偏差に対する正規分布関数の値を求める